想像以上にスッキリ。

もし普段よりも、目をパッチリ大きく見せたいなら。そんな時は、『老廃物を流す』・『程良い圧力をかける』方法が効果的です。

ここではシンプルで即効果が出やすい、目をパッチリ大きくするマッサージをご紹介します。どこでも実践できる9種類ですので、お出かけ前の5分間でご実践ください。

また継続的に行うことで、より常時大きい目をデザインすることも可能です。ただしやりすぎは逆効果ですので、毎日5分づつお試しいただければ幸いです。

スポンサー様



マッサージで目を大きく見せるには?

マッサージで目を大きく見せるには?
まずマッサージで目を大きく見せる場合、物理的に目のサイズを大きくするわけではありません。多くの場合は『目の周りの老廃物を捨てる』『指圧で周囲を押し上げる』方法で、目をスッキリ大きく見せることになります。

そのため目が物理的に大きくなるわけでも、目頭切開のように物理的な切れ込みを入れるわけでもありません。ただ上記の方法で目が1㎜でも大きく見えれば、それは想像以上に大きなインパクトに繋がります。

マッサージで目を大きく見せる要素

マッサージで目を大きく見せる要素

  • 老廃物を排出し、周囲との差を明確にする
  • 瞼等の周辺を押し上げ、指圧で目を拡大する
これらはシンプルな作用ですが、私達の目を大きく見せるために非常に効果的です。特に食生活や睡眠不足によるむくみなどは、数分単位でも大幅に改善する要素です。

ただ注意点としては『目を傷つけないように』優しく丁寧に。力を入れすぎないように、各マッサージのポイントをお守りください。

目を大きくするために鍛える箇所
また今回の目を大きくするマッサージでは、具体的に上記の場所を鍛えます。マッサージにより前頭筋の弛みを解消し、同時にマッサージによる眼輪筋の強化目周りのむくみ解消を目的とします。

これらは骨格自体を歪曲させるわけではありませんが、やりすぎにはご注意ください。目安より少な目の時間を、毎日寝る前にご実施いただく方法が理想でしょう。

では早速、ここからはマッサージの方法をご紹介します。全9種類の眼輪筋・前頭筋マッサージですが、決して目を突かないようにご注意ください。

上下さすりマッサージ(1セット10秒×2回)

上下さすりマッサージ
まずは目の上下のむくみを解消する簡単なマッサージから。こちらは力を入れすぎず、さするように以下の手順でマッサージしてください。

このマッサージには、目の周りの老廃物を流しむくみを解消する効果が望めます。ただ想像以上に軽く、押し付けないようにご注意ください。

上下さすりマッサージ(1セット10秒×2回

  • 人差し指と中指を出し、軽く隙間を開ける
  • その隙間に目がくるように配置する
  • 瞼と目の下の筋肉を、左右にさする様にマッサージ

目の下拡大マッサージ(1セット10秒×2回)

目の下拡大マッサージ
そして次は、目の下の弛み解消と目の大きさを拡大するマッサージです。細かく言えば眼輪筋の弛みを正しつつ、目の印象を変えるための『引き下げ』と言うべきでしょうか。

こちらもあっかんべをする要領で、目の下を押しながら引き下げます。こちらもあまり強く押しすぎるとクマの部分がうっ血しますので、軽く押し下げる感覚でお願いします。

目の下拡大マッサージ(1セット10秒×2回

  • 人差し指と中指の二本を揃える(薬指を加えて3本でもOK)
  • 目の下を軽く抑えながら、引き下げる
  • あまり強く押しすぎず、目を大きくするイメージで行う

眉毛圧迫マッサージ(1セット10秒×2回)

眉毛圧迫マッサージ
次に眉毛の上を親指で押し、目の周りの筋肉をほぐすマッサージです。こちらは他のマッサージと異なり、グッとピンポイントで押し込む点が特徴です。

ただ構造上目を突きやすいため、後ろに壁を用意して頭を固定されたほうが良いでしょう。もしくは片目ずつマッサージを行い、もう一方の手で後頭部を押さえるとやりやすいでしょう。

眉毛圧迫マッサージ(1セット10秒×2回

  • 親指の腹で眉毛の付け根(中央側)をグッと押し込む
  • 力加減は少し痛気持ち良いほど
  • 時間がある場合は、逆の眉毛尻も押し込む
スポンサー様



目の周りマッサージ(1セット10秒×2回)

目の周りマッサージ
次に目の周りを触ると、皮膚の下に骨のくぼみを感じられると思います。次はこちらの骨に沿って、目の周りをぐるりとマッサージしましょう。

ただこちらも強く押しすぎず、全体をほぐすイメージでマッサージしてください。特に目の下は跡が残りやすいため、軽く円を描くように目の周りを揉み込みましょう。

目の周りマッサージ(1セット10秒×2回

  • 中指と人差し指を使い、目の周りの骨のくぼみに添える
  • 軽く揉み込むように、目の周りを時計回りにマッサージ
  • 指は二本で行うと、骨のくぼみに入りやすい
~ (PR)AMAZON・楽天のお買い物でキャッシュバック! ~
安心できる登録者700万人のポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

鼻頭圧迫マッサージ(1セット10秒×2回)

鼻頭圧迫マッサージ
次に鼻の頭に人差し指と中指を添えて、鼻と目頭の間を圧迫するマッサージです。こちらは目頭の弛みを解消するとともに、ツボ効果で目全体の印象UPを狙います。

ただこちらも構造上非常に目に当たりやすいため、力の込めすぎは要注意。グッと押し込みながらも、力の方向は鼻側に押し込むイメージが良いでしょう。

鼻頭圧迫マッサージ(1セット10秒×2回

  • 人差し指と中指を合わせ、目と鼻の頭の間をグッと押し込む
  • その際目頭の皮膚を軽く引っ張るイメージで、目全体の拡大を狙う
  • 力は鼻側に向けて押し、目を突かないように配慮する

眉上マッサージ(1セット10秒×2回)

眉上マッサージ
さらにここで、少し解れた老廃物を流します。こちらは眉毛の少し上を、左右に指でさするマッサージです。

少し強めの力でも良いですが、左右にしっかりと揉み込んでください。最後は老廃物を首元に持っていくように、指でなぞるとさらに効果的です。

鼻頭圧迫マッサージ(1セット10秒×2回

  • 人差し指と中指を合わせ、眉毛の上を左右に揉み込む
  • 前頭筋をほぐしつつ、目の周囲に貯まったむくみを押し流す感覚で
  • 最後は老廃物を首元に移動させる感覚で、左右にグッと流すと尚GOOD

眉上マッサージ(1セット10秒×2回)

額マッサージ
さらにお次は目の筋肉と繋がっている、額全体の揉み込みマッサージを行います。こちらは3本の指を使用し、回す様に額を揉み込みましょう。

目の周りの筋肉だけでなく、顔全体のリフトアップ効果も期待できるこのマッサージ。忙しく時間が取れない時でも、単品でも行いたいマッサージだと言えるでしょう。

眉上マッサージ(1セット10秒×2回

  • 中指・人差し指・薬指を添えて、3本の大きめの指の束を作る
  • 額を円形に回す様に、少し強めに揉み込む
  • リフトアップ効果を狙う場合には、頭皮側まで同時に揉み込む
スポンサー様



こめかみマッサージ(1セット10秒×2回)

こめかみマッサージ
そしてマッサージも終盤ですので、ここで目の周りの印象を一気にスッキリさせましょう。具体的にはこめかみ部分を、軽くグルグルと揉み込むマッサージがお勧めです。

使う指は中指と人差し指の、二本で構いません。ただここはあまり強くやり過ぎず、心地良い感覚が残る程度に円形に揉み込んでいただくと良いでしょう。

こめかみマッサージ(1セット10秒×2回

  • こめかみの部分に、中指と人差し指を添える
  • 軽く押し込むように、丸を描くように揉み込む
  • 強すぎると頭痛の原因となるため、極めて優しく(皮膚を軽く押す程度)

仕上げの圧迫マッサージ(1セット10秒×2回)

仕上げの圧迫マッサージ
そして最後は仕上げのマッサージを、手の平の圧迫感を用いて行いましょう。こちらは両手の温かさを伝えるように、目を覆うように手でグッと圧迫します。

この際目は必ず閉じて、心地良い程度の圧迫感で。これまでのマッサージ効果を最大化する、最後の仕上げと言えるでしょう。

仕上げの圧迫マッサージ(1セット10秒×2回

  • 両手で目を圧迫し、10秒間グッと押さえる
  • 目は必ず閉じた状態で、目の温かさを楽しむように押さえる
  • 仕上げに冷水で顔を洗うと、尚良し
格安983円で目元を美しく改善する、王道磁器かっさ!

これら9種類の目を大きくするマッサージは、本当に効果的です。疲れた日でも数分程度で行えますので、ご選択の上でご実践いただくと良いでしょう。

またお出かけ前の数分間でも、その効果はご実感いただけるでしょう。ただ強く押さえすぎると跡が残りますので、何事もほどほどが肝心です。(特に目の下)

気になったマッサージがありましたら、是非ご実践ください。また事前にマッサージ前のお写真を取られると、より効果をご実感いただけるでしょう。