乾燥からお肌を保護する、化粧水。

洗顔後に付けることは分かるけれど、一体どのくらい付ければ良いのだろう。そしてどのように塗るのが、一番なのだろう。

ここではメンズスキンケアにおける、最も効果的な化粧水の使い方をご説明します。

使い方ひとつで大きく効果が変わる化粧水だからこそ、適切な使い方がとても大切です。

スポンサー様



最も効果的な化粧水の使い方(メンズスキンケア)

では早速、最も効果的な化粧水の使い方を見てみましょう。

ここでまず重要になるのは、以下の3つの項目です。
化粧水の効果を最大化するには

まず化粧水の最大の目的は、『皮膚細胞の保湿』です。

そして保湿とは、しわ・大人ニキビ・ほうれい線・シミ・赤みなど、あらゆる肌トラブルの治療に必要です。

そのため化粧水を最も効果的に使用するには、上記3点の環境が必要です。
  1. 肌の汚れ・皮脂が、しっかり除去されること
  2. 細胞への浸透が、邪魔されないこと
  3. 徹底して浸透させること

これらは全てスキンケアにおける王道ですが、それぞれに細かなポイントが多数あります。

ここでは一つ一つを詳しくご紹介しますので、是非ご覧ください。

➀肌の汚れ・皮脂が、しっかり除去されること

➀肌の汚れ・皮脂が、しっかり除去されること

まず最初に、化粧水が角質に十分に浸透するには『肌の汚れ・皮脂の除去』が必須条件です。

これはいわば『化粧水の入り口と隙間』を作る作業であり、そのためには適切な洗顔が必要です。

ではここで、肌の汚れと皮脂汚れを適切に落とす洗顔方法を見直しましょう。

適切な洗顔手順(STEP➀)

適切な洗顔手順(STEP➀)

最初は、洗顔料選びと肌(角質)を温める作業です。

まず前提として、肌を傷めない洗顔料をお選びください。

ここで言う肌を傷めないとは、『低刺激』『無添加』『アルコールフリー』『パラベンフリー』などが挙げられます。

つまり洗顔自体で角質が摩耗することがないように、肌質にあった洗顔料を選ぶことが大切です。

ご自身の肌質が良く分からない場合には、『敏感肌用』または『低刺激』『弱酸性』の製品から始めると良いでしょう。

特に男性向けの洗顔料は爽快感を求めるものが多く、それらの製品は角質を摩耗させるだけでなく、化学物質が洗顔後に残留します。

その場合は化粧水が上手く浸透せず、さらに化学物質によるアレルギー反応が起こり得ます。

つまり化粧水の効果を最大化するためには、洗顔料選びは非常に重要なのです。

また洗顔時には事前にぬるま湯で顔を洗い、角質層を柔らかくしてください。

さらに洗顔料をネットで念入りに泡立てて、沢山の泡で包み撫でるように丁寧に洗顔しましょう。

この泡洗浄は極めて重要ですので、お持ちでない場合にはお近くのスーパー等でご購入されると良いでしょう。

また男性スキンケアにおすすめの洗顔料は、以下の記事をご参照いただければ幸いです。

適切な洗顔手順(STEP②)

適切な洗顔手順(STEP②)

そして次は、洗顔後の手順です。

まず沢山の泡でなでるように洗顔を行ったら、ぬるま湯で丁寧に洗い流してください。

冷水で洗い流してしまうと毛穴と角質が温度差で収縮し、まだ洗い切れていない洗顔料が角質・毛穴に残留します。

そのため必ずぬるま湯(高温だと皮膚を傷めるため注意)で繰り返し洗浄し、きれいに洗顔料を洗い流してください。

また洗い流し時にも手で皮膚をこすらず、手にすくったぬるま湯を顔にかけるイメージが理想です。

さらに洗い流しの回数は5~10回ではなく、可能ならば30回以上繰り返してください。

これは洗顔料の種類にもよりますが、多くの場合は10回程度のぬるま湯洗いでは落ちません。

そして多くのニキビ・シミは、洗顔料の残留により引き起こされます。
5回~10回のぬるま湯洗い

そのため理想としては30回以上、できるならば50回以上のぬるま湯洗いが理想です。

この時に洗い過ぎによる乾燥も危惧されますが、洗顔後の肌は水分を求めている状態です。

ぬるま湯による洗い流しは保水作業にもなりますので、お肌に過度の負担はかかりません。

ただ水自体は浸透力が弱く保湿効果が低いため、化粧水を代わりに浸透させます。

そのため洗い流しが終了したら、次は清潔なタオルを乗せるように水分をふき取ってください。

これは次の『細胞への浸透が、邪魔されないこと』にも繋がる、大変重要な工程です。

また水分のふき取りは雑菌が付かないように、必ず洗い立てのタオルをご利用ください。

またふき取りは決して強くこすらず、軽く押し付けるように水分を拭き取ると最高です。

多くの男性の洗顔では、洗顔後にタオルでこするケースが多いようです。

同時に化粧水を乗せる手も綺麗にふき取り、水分をしっかり取り除きましょう。

また洗顔により手にも洗顔料が残っている場合がありますので、きれいに洗い流してください。

②細胞への浸透が、邪魔されないこと

②細胞への浸透が、邪魔されないこと

そして次は『細胞への浸透が邪魔されないこと』、つまり『化粧水が十分に浸透する環境を整えること』です。

ただこちらは前述の丁寧な洗顔と水分のふき取りで、大体の環境が整っています。

つまり洗顔時の水分をしっかりふき取り、さらに化粧水を塗布する手も乾燥させることが重要です。

多くはこの水分のふき取りが不十分で、化粧水が皮膚細胞に十分浸透しない状態です。

ただ洗顔後の水分にも保湿効果はあり、さらに化粧水の主成分も水分です。

そのため水分が残っていてもOKに感じますが、多くの化粧水は保湿性を高める他成分が含有されています。

そしてその多くがグリセリンや精製水であり、水道水より高い浸透力を持ちます。

また水道水には少なからず塩素や雑菌が含まれているため、できれば化粧水に置き換えましょう。

化粧水と水の浸透力の違い

③徹底して浸透させること

徹底して浸透させること

そして最後の工程が、『化粧水を徹底して浸透させること』です。

これは当たり前のことではありますが、意外と細かな注意点が多い工程です。

そのため一つづつ徹底して意識されると、最高の保湿に繋がります。

また同時にメンズスキンケアで最もおろそかになる部分ですので、詳しくご説明します。
まず化粧水を完璧に浸透させるには、以下の注意点をご確認ください。
化粧水を浸透させるポイント

これらは全て、化粧水を圧倒的に浸透させるために必要な注意点です。

では早速、それぞれの内容をご覧ください。

➀手・皮膚・化粧水の温度

まず前提として、化粧水が角質に浸透するには適切な温度が非常に重要です。

前述のように洗顔後の皮膚細胞は冷たい温度で収縮し、化粧水が細胞内に浸透しづらくなります。

そのため化粧水を塗布する手・皮膚(顔)そして化粧水自体も、常温に揃えると効果的です。
温度による化粧水浸透力の違い

皮膚細胞と浸透させる化粧水・手の温度が均一になれば、浸透圧が適切に行われます

そして化粧水がスムーズに浸透し、念願の保水・保湿が完了します。

そのためまずは『全て常温に戻す』ことをイメージし、化粧水を塗布ください。

②顔全体への二回以上塗布(最大10回)

そして温度を常温に揃えたら、次に化粧水を実際に塗布します。今回はコットンでなく手を使用し、まずは手のひらに乗る程度(約5~6ふり)から塗布しましょう。

ただ中にはコットンのほうがムラなく塗れ、そして雑菌等が付かないとのご意見もあります。

確かにコットンにもメリットはありますが、ここでは以下の理由から手を使って塗布しています。
コットンを使わず手で化粧水を塗布する理由
  1. 手の温度も浸透力を高め、より浸透しやすい
  2. コットン自体に化粧水が浸透し、浸透量が確認しづらい
  3. 洗顔時に手も洗浄されているため、手の雑菌も少ない
  4. プッシング(軽く押し付ける)の時に、コットンの繊維で摩擦がおきる
  5. 単純に習慣化しづらい
このようにコットンを使わず化粧水を手で塗布するには、一定の理由があります。そして特に④と⑤に関しては、非常に大切な要素です。
幼少期からスキンケアの時間が少ない男性にとっては、化粧水の塗布に時間がかかることに抵抗があります。特にコットンは持ち方や塗り方なども少し細かく、手で塗布するよりも時間がかかります。

そのため次第に面倒さを感じ、化粧水の塗布自体の習慣が失われかねません。そのため実効的にみても、やはり手の塗布に慣れることが良いのではないでしょうか。

お話を戻すと、まずは手に適量(手のひらに乗る程度(約5~6ふり))の化粧水を乗せ、顔全体に塗布します。そしてここからは軽く押さえつけるように、繰り返し浸透させてください。

この際も決して叩かず、化粧水をお肌の中に押し込めるイメージです。お肌を叩くと皮膚細胞が崩れると同時に、毛細血管も切れてアレルギーに反応しやすくなります。
ただ実際にはそこまで強く叩かなければ、大きな弊害は生まれません。繰り返し押さえつけるように、最初は約3分を目安に沁み込ませましょう。

そしてこの時、使用している化粧水によっては沁み込みが悪い場合があります。それは油分等による保護成分が強く、角質の表面に留まっている状態です。

油分・保護成分の強い化粧水
この場合の対処法は『浸透するまで放置する』、もしくは『化粧水を変える』ことです。保護成分が強い化粧水の場合も、時間の経過と共に徐々に浸透します。

そのため少し時間をかけながら押し込む、というのも重要です。問題なのは『これ以上浸透しない!』と判断し、浸透作業を終了させてしまうことです。

さらに一回目の化粧水の浸透後は、二回目の塗布を行います。ただ実際は二回だけでなく、肌にもう入らないというレベルまで、指の腹を使って顔全体になじませていきましょう。

特に鼻筋や脂分の多いこめかみも、なぞるように押し込んでいくと最高に効果的です。さらにリンパに沿って揉み込めばマッサージ効果もあり、血流改善からのスキンケアも達成できるでしょう。

そしてここで重要なのが、『肌に浸透しきった感覚』です。

さらに同時に意識するべきは、『お肌は想像以上に乾燥している』ことです。
二回目の化粧水で大切な意識

多くの場合、一回目の化粧水では十分浸透していません。それは化粧水を塗布する手のひらにも吸収され、同時にお肌が想像以上に乾燥しているためです。

そのため重要なのは、お肌の乾燥を疑うこと。そして同時にお肌に浸透しきった感覚を覚えることです。
その分かりやすい合図は、『手のひらがお肌に吸い付く感覚』です。これは有名な化粧水のCMでも使われていた表現ですが、最も簡単に浸透力を図る方法だと存じます。

押し付けるように化粧水を浸透させ、手を肌から放す時に吸い付くような感覚。そんな感覚があれば、男性のお肌も十分に保湿されていると判断できるでしょう。

時に夏場などは、化粧水を10回以上塗布しても良いくらいです。それでも肌は乾燥していますので、ドンドン化粧水で保湿してください。

またニキビを完全に抑えるためには、以下の記事をご参照いただければ幸いです。一つ上の保湿を、ご覧いただけるかと存じます。

刺激を与えない+超高保湿こそ、メンズニキビケアには必須。そのための全方法を、写真付きで詳しくご紹介します。

まとめのご挨拶

男性のスキンケアにおける、効果的な化粧水の使用方法

この記事が、皆様の素晴らしいスキンケアに繋がれば嬉しい限りです。

また男性にも本当におすすめできる、コスパの良い化粧水も、以下の記事でご紹介しております。

お時間のある折にでも、ご覧いただければ幸いです。
酷いニキビを短期間で治すには?
皮膚科の治療を、セルフで行う選択肢もあります。
ニキビ跡を2カ月で劇的改善した全記録!

メンズニキビ跡を2カ月で劇的に改善した実際の全工程(非推奨)

酷いニキビ跡を2カ月で劇的改善した全工程(保存版)