栄養が吸収される体作りを。

もし皆様が、痩せ体質でなかなか太れない事でお困りでしたら。こちらの記事をご覧いただければ、より効率的な太り方が分かります。

ただそれは高カロリー&筋トレをしよう!といった、表面的な解決策ではありません。栄養が正しく吸収される経路まで掘り下げた、科学的な根拠も備えた方法論です。

やせ型の体系に長年お悩みでしたら、ご紹介する方法を是非お試しください。皆様の理想とする体系まで、きっと最短距離で辿り着くことができるでしょう。

スポンサー様



健康的に太る大切な要素(腸内正常化)

健康的に太るための大切な要素
まずは体質改善から。

昔から痩せの大食いと言われるように、全ての方が量を食べれば太るということではありません。身長や体質が人によって異なる様に、食事を吸収できる量も人それぞれです。

中には食事からの栄養吸収力が非常に高く、少しの食事でも一気に太る方もいらっしゃいます。逆にいくら食べても太らない、大食い体質の方も存在します。

また大食い番組にご出演されているような、人の10倍以上も召し上がる方の場合は特別です。彼らは骨格的に胃腸を極端に広げられ、そもそもの収納量が異なるとも言われます。

同時に食べた量が全て体重に反映されるわけではなく、人よりも太りにくい体質の方が殆どです。つまり誰でも大量に食事をすれば太れると言うわけではなく、食事が吸収される土台作りから始めなくてはなりません。

そのため健康的に太るには、以下の順番で進めると効果的です。最初から高栄養食を大量に摂取しても、下痢・腹痛・消化不良・逆流性食道炎等を引き起こす可能性があります。
効果的に太るための手順

繰り返しになりますが、食べても吸収されない胃腸で食べ続けるのはNGです。それは上手く流れない排水溝に、無理やり水を流し込むようなものだとご認識ください。

特に脂質やグルテン等のアレルギーをお持ちの方は、大量の食事で下痢だけでなく体調不良も引き起こします。そのためまずは、吸収できる胃腸環境を作り上げることが絶対条件と言えるでしょう。

なお本記事は前編・後編に分かれており、本記事では前編の『腸内環境の正常化』についてお話させていただきます。共に有益な情報をお伝えしますので、ぜひ後編と併せてお読みください。

消化しやすい胃腸を作る方法

消化しやすい胃腸を作る方法
確実に吸収される胃腸を。

再度申し上げますと、胃腸を改善することは太るための最優先事項です。むしろ胃腸を改善するだけでも、大幅な体質改善が見込めます。

ただ一言に胃腸を改善すると申し上げても、胃腸が正しく機能しない理由は一つではありません。というのも胃腸不良とは、体の他の不良から引き起こされた可能性があるためです。

スポンサー様



血流改善による胃腸機能の向上

例えばそれは、血流の停滞や筋肉のコリなど。これらの不調で栄養分が胃腸に行き届かず、結果的に胃腸の機能不全を引き起こします。

血流なんて関係ないでしょ!と思われるかもしれませんが、血流改善は内臓器を正常機能させる重要な要素です。現に血流停滞による冷え性は、万病の原因となることは、極めて有名です。

血流の停滞により内臓に必要な 栄養供給が大幅に減少
血流改善が重要であるということは、もはや医学界やスポーツ界では定説です。血流改善がもたらす健康効果に関する専門書籍も多数出版されるほど、世界的にも重要視されています。

そしてその具体的な血流改善は、以下の方法が効果的です。またこれらに共通する特徴は、体の一部ではなく体全体に血流を巡らせることができる点です。

血流改善に効果的な方法

  • 高負荷のスクワット
  • ふくらはぎのマッサージ
  • 有酸素運動(しっかり踏み込むランニング等)
  • 全身の筋肉を使用する水泳
上記の中で特にお勧めなのは、体感的な効果を即座に実感できる『ふくらはぎマッサージ』です。水泳や有酸素運動は時間と場所が必要ですが、このふくらはぎマッサージは手でふくらはぎを揉むだけで効果が期待できます。

同時にそれは血流改善を主目的にしたマッサージですので、短時間でも効果があがります。一日数分間でも結構ですので、是非以下の手順でお試しになってください。

~ 簡単なふくらはぎマッサージの方法 ~

ふくらはぎマッサージの方法

ふくらはぎマッサージの方法

腹部を冷えから保護する

また消化不良の原因が、極度の冷え性または過敏性腸症候群である場合も考えられます。これは日本人の約10%~15%に見られる症状であり、男性は慢性的な下痢・女性は慢性的な便秘をしやすい傾向にあります。

そのためいくら食べても太らない方は、これらの症状により消化不良を起こしている可能性もあります。ただ過敏性腸症候群は胃腸不良の総称としても使われますので、なんとなく普段から胃腸の調子が悪い方もいらっしゃるでしょう。

さらにこれらの症状への特効薬は現在存在せず、ストレスや温度などが大きな要因とされます。そのため対処療法で『お腹を温める』方法も効果的であり、腹巻やホッカイロで温めて副交感神経を有利にする方法も広く選ばれています。

ただ腹部を温め過ぎると、逆に内臓を痛めるケースもあります。そのため『普段から冷やしすぎない』『冷たい物を飲み過ぎない』習慣が、より健康的な胃腸環境を作り上げてくれるでしょう。

血流改善による体温上昇 衣服による体温上昇

スポンサー様



消化酵素補給による消化機能UP

さらに消化機能を高めるためには、体内の消化酵素を一定数に保つ必要があります。この消化酵素とは以下の特徴を持ち、太りにくい体質の方には不足しやすい成分だとも考えられます。
消化酵素とは
消化に関与する酵素で、唾液・胃液・膵液・腸液など、口腔内・消化器系に存在する成分。食べた食材の分解・吸収に必須の成分であり、この成分が減少すると消化能力も直接的に低下する。
つまり太りにくい体質だと諦めていたことが、この消化酵素不足が原因だったことも。これはいくら食事を大量に摂取しても、効率的に消化・吸収が行われていない状態です。

特に体質的に消化酵素が不足している方も多く、加工食品・加熱食品を主食としている場合にも酵素は大きく不足します。なぜなら消化酵素は加熱に非常に弱いため、保存のために加熱処理されたインスタント食品にはほぼ含まれないと考えられます。

そして体内の酵素が減少すると十分に栄養補給できないため、体全体のパフォーマンスが大幅に低下します。それは仕事の効率や集中力、そして本テーマである堅牢な体作りにも影響すると考えられます。

そのため消化酵素の重要性に気付いている人々は、酵素を食事やサプリから摂取します。これは一流企業のサラリーマンが、酵素系サプリを愛用・常用する最大の理由とも言えるでしょう。

外部からの消化酵素 補給で消化機能を底上げ
ただこれらの消化酵素の補給は、意外な程に簡単です。その一般的なルートは『食事』『サプリ』の二種類に分かれますが、皆様の生活に組み込みやすい方法が良いでしょう。

特に食事からの酵素吸収は、量がそこまで食べられないため酵素の質が良い食材を選びましょう。具体的には以下の食材が、消化酵素の補給に最適です。

良質な酵素を含む食材

  • 正しく発酵した納豆(藁タイプがお勧め)
  • 正しく発酵した味噌(手作りタイプがお勧め)
  • 正しく発酵したキムチ(個人店のものがお勧め)
  • 正しく発酵した漬物(個人店のものがお勧め)
ここで『正しく』と書かせていただきましたが、その理由は『未発酵なのに発酵』と表記された食材があまりに多いためです。というのも市販の発酵食材の中には、発酵した香りを付けているだけの製品があるためです。

それは大量生産された大手の製品などであり、私達の身近に豊富に存在します。全てが未発酵品というわけではありませんが、限りなくグレーな商品も少なくありません。

そのため本来良質な酵素を沢山含む納豆・味噌・キムチ・漬物などは、高品質な製品をお召し上がりください。時には個人経営で販売されている通販品の方が、質の高い酵素を含むケースがあります。

正しく発酵させられた製品を見抜く
そして次に、酵素を豊富に含むサプリメントです。これらは古くから愛される製品が多く、昔から胃腸系の悩みをお持ちの方が多かったことが頷けます。

具体的には以下のサプリメントが人気であり、AMAZONなどでも高評価を得ています。同時に低価格で続けやすい製品も販売されておりますので、是非一度お試しください。

酵素を豊富に含むサプリメント

  • 酵素を豊富に含む青汁
  • 酵素単体を売りにするサプリ

青汁と酵素サプリ。

これらは共に、高額であれば良いというものではありません。特に中には30種類以上の酵素!と量だけを売りとして、熱処理で酵素が飛ばされている商品も存在します。

さらにこれらの胃腸改善は、長期的な服用で胃腸の改善を目指すことが理想です。そのため個人的にお勧めしたいのは、『高すぎない・安すぎない』『老舗メーカー』であるという二点です。

酵素サプリを薦める条件
繰り返しになりますが、高価であれば良いというものではありません。逆に高価になるほど続けにくく、モチベーションが下がったタイミングで辞めるケースが多く見られます。

しかし逆に安価過ぎる製品も、含有成分に効果を期待しづらくなります。具体的には以下の青汁と酵素サプリが、続けやすく高品質な特徴を備えています。

~ 安全・低価格・老舗メーカーが揃ったお勧め酵素サプリ ~

乳酸菌・酵母による胃腸改善

さらに胃腸の改善を狙うには、酵素だけでなく『乳酸菌』と『酵母』を活用する方法もあります。これらは酵素と混同されやすいのですが、厳密に言えば全く別の成分です。

まず乳酸菌は新ビオフェルミンSなどで有名であり、そして酵母もビール酵母などがメジャーです。これら二つの成分には、以下の胃腸改善効果が期待されます。

乳酸菌 酵母
腸内環境を、善玉菌が働きやすい弱酸性に整える成分。また酵素との相乗効果も高く、安定的な善玉菌補給が可能

効果
腸内環境の正常化
・便秘の予防改善
・腸内に存在する有害物質の排出
・食事の消化吸収促進
・免疫力の向上➡体質改善

体内で生成できない必須アミノ酸9種類を含む16種類のアミノ酸・鉄分・カルシウム・マグネシウム等を豊富に含む。(ビール酵母)酵素の働きをサポートし、サプリ並みの栄養補給が可能

効果
酵素そのものを精製(発酵により)
・便秘の予防改善
・食物繊維による消化吸収促進
・免疫力の向上➡体質改善

まず乳酸菌は、体内の善玉菌総数を増加させる作用を持ちます。これにより腸内環境(腸内フローラ)は常に善玉菌有利に保たれ、下痢や消化不良など様々な胃腸障害を予防します。

また酵母は自身が栄養を豊富に含むだけでなく、腸内で発酵して前述の酵素を作り出します。つまり栄養補給と消化促進を同時に担う、一度で二度効果的な成分と言えるでしょう。

食品に含有される『乳酸菌・酵母』が 酵素生成+腸内環境を正常化
そしてこれらの『乳酸菌』と『酵母』のサプリは、非常に低価格である点も魅力です。両方服用しても1日数十円程度と、他のサプリメントより遥かに高いコスパを誇ります。

さらに常用による安全性も高く、毎日飲んでも副作用が比較的起きにくいという特徴があります。そのためお子様の下痢予防等にも広く選ばれ、老若男女の胃腸機能改善に大変お勧めです。(※子供用サプリメントを使用)

ただこちらも酵素サプリと同様に、安全な老舗製薬会社を選ぶべきでしょう。特に乳酸菌・酵母は安価な大量生産も可能ですが、生きて腸まで届くことが重要です。

そのため乳酸菌・酵母に関しても、長年の精製技術を持つ製薬会社を選びましょう。何千万人にも愛されてきたサプリメントには、生き残る理由があるということです。

~ 安心して飲める著者愛用の乳酸菌サプリ ~
~ 安心して飲める著者愛用の酵母サプリ ~

咀嚼回数の増加

噛むって重要。

そして胃腸改善の最後の工夫は、ずばり咀嚼回数の増加です。これは非常にシンプルながら、消化効率を大幅に高める方法です。

しかしこの咀嚼回数はどうしても軽視されやすく、子供っぽい方法にも思われてしまいます。ただ実際に消化能力が低下している方にとって、食べ物を粉砕することは想像以上に重要なのです。

例えば動きが悪くなったフードプロセッサーには、大きな肉の塊は入れられません。なぜなら歯の切れ味が悪いため、途中で刃が引っかかってしまうためです。

しかし刃の悪いフードプロセッサーでも、食材を細かく砕けばしっかりと機能します。つまり咀嚼回数を増やして食材を噛み砕くことは、胃腸機能のサポートに欠かせない下準備とも言えるのです。

粉砕した食材なら 弱った胃腸でもOK
これはいわば、風邪などで胃腸機能が弱った方がお粥を食べる原理と同じです。お粥は柔らかく調理することで胃腸での吸収をサポートし、栄養を十分に吸収できる方法。

また大食いの試合などを拝見すると、噛むことなく直ぐに飲み込むケースが多く見られます。あの食事方法は食事速度を速めるだけでなく、胃腸での栄養吸収を低下させる目的があると考えられます。

大食いの試合では時に7キロ近く召し上がるため、全て吸収すると逆に体に異常が生まれます。そのため咀嚼回数を逆に減らすことが、彼らにとっては利点に成り得るということです。

しかし健康的に太りたい場合には、想像以上に咀嚼回数を増やすべきです。そのために私達は、以下の工夫を推奨します。

咀嚼回数を増やす方法

  • 一口毎にお箸を置く
  • お惣菜等もパックのままではなく、小鉢に盛り付ける
  • 食材に海藻類を入れる
  • 食事時間に余裕を持ち、焦りを無くす
  • 味付けを薄味にして、噛む必要を出す
ただこれらの工夫は、正直全ての人が心地良く実践できるとは限りません。時にはお仕事の関係で、食事時間を長く取れない場合もあるでしょう。

そのため咀嚼回数を増やす方法は、ご自身に合った方法を探すことが重要です。著者の場合には砂肝を食材として全てに加え、咀嚼回数を増やすなどの方法が効果的でした。

特に白米や麺類など元々柔らかい食べ物は、どうしても咀嚼回数が少なくなりがちです。ただそのため一緒に食べるおかずも、細かく砕かれていないケースが多く見られます。

どんな食事でも、何度も噛み砕いて消化を助ける。酵素・酵母・乳酸菌の補給と合わせると、これほど簡単に胃腸の吸収力を高める習慣は見当たりません。

吸収力を高める5大要素
本記事では、まずは健康的に太るための胃腸の吸収力強化の方法をご紹介しました。次は食事をどのように摂取するべきか、タイミングとお勧め食事内容をご紹介します。

後編の記事も、是非ご覧ください。これらの記事が、健康的に太りたいと願う皆様のお役に立てれば幸いです。

参照文献・サイト