本当に大切な目元。

人と会話をする時、最初に視線が行く目と眉毛。その眉毛の白髪は、その方の印象を大きく左右します。

ただ市販の白髪染めでは染めにくく、さらに顔の皮膚を傷めてしまいやすい。さらにもし目に入ってしまうと、失明の危険もあり非常に危険です。

そのためここでは眉毛の白髪染めの方法とコツを、お勧め商品と合わせてご紹介します。地肌を痛めにくい成分で、より簡単に塗布できる逸品をご覧ください。

この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。綺麗な眉毛で若々しい印象を、どうぞご演出ください。

スポンサー様



眉毛白髪染めのやりかた・注意点・コツとは?

眉毛白髪染めのやりかた・注意点・コツとは?
まず最初に眉毛の白髪染めは、どのように行えばよいのでしょう。髪に使う白髪染めをそのまま使い、染めても良いのでしょうか?

ではここで、そのやり方と注意点を確認してみましょう。実は眉毛は目の上に位置する生えにくい保護毛のため、少し特別な配慮が必要です。

眉毛白髪染めのやり方と注意点
眉毛白髪染めのやり方と注意点

  • 生えにくいため、決して抜かない
  • 地肌を痛めない、安全な染料を
  • ピンポイントで塗布し、眉毛だけを狙う
眉毛は毛髪と同じく、顔や頭皮を外敵から守る保護毛です。しかし顔面に生えていること・目の上に位置すること、この二点が眉毛の白髪染めを難しくしています。

そのため毛抜きで白髪になった眉毛を抜いてしまったり、マスカラなどで隠してしまう方法が選ばれます。ただ長期的に見れば、もっと良い解決策があります。

ではこれらの注意点と、簡単なやり方をご説明します。お時間のある際にでも、ご一読いただければ幸いです。

生えにくいため、決して抜かない

生えにくいため、決して抜かない
まず最初に、眉毛は非常に生えにくい性質があります。同時に伸びにくいタイプの性質で、1日に約0.18mm程度しか伸びないと言われています。(各データにより異なる)

そのため白髪になった眉毛だけを抜くと、単純に再度生えてこない可能性が非常に高い毛髪です。さらにもし生えてきても生え揃うには半年近く時間がかかり、同時に再度白髪になる可能性が高いでしょう。(毛根自体に着色成分が不足しているため)

そのため白髪になった眉毛だけを、ピンセットを抜くことは強くお勧めできません。個人的にも実際に抜き、5年近くたった今現在も生えてきていません。

その場合にはピンポイントで眉毛が欠落した状態になり、白髪以上に全体の印象を損ないます。そのため眉毛の白髪に関しては、染料でしっかり塗ることをお勧めします。

地肌を痛めない、安全な染料を

地肌を痛めない、安全な染料を
さらに眉毛は頭皮とは異なり、顔面(鼻や口などの付近にある)に位置します。そのため一日数回の洗顔で傷みやすく、荒れると最悪生えなくなる可能性もあります。

そのため市販の白髪染め製品より刺激の少ない、自然成分で安全性の高い製品を使用する必要があるでしょう。また強すぎる染料の場合は地肌(眉毛下の肌)が赤く腫れ上がり、目立ってしまいます。

加えて万が一目に入ってしまった場合には、非常に危険です。最悪の場合失明する恐れもあるため、粘度と安全性を兼ね備えた染料が求められるでしょう。

ピンポイントで塗布し、眉毛だけを狙う

ピンポイントで塗布し、眉毛だけを狙う
さらにより自然な仕上がりを目指すためには、塗りやすい形状であることも大切です。これは白髪になった眉毛だけに塗布し、周囲との色の差異をなくすためです。

同時に可能な限り地肌(眉毛の下の肌)に触れず、肌荒れを起こさないため。そのためマスカラ・筆状の白髪染めを、少しだけ塗布できるタイプが最適だと言えるでしょう。

また市販の女性用マスカラを使用する方法もありますが、少し若者向けの色合いがメインです。同時に毎日塗らなくてはならないため、根本解決にはなり辛いでしょう。

ではここからは実際に、眉毛の白髪染めの方法を見てみましょう。より安全で塗りやすい眉毛の白髪染めには、どのような種類があるのでしょうか。

眉毛白髪染めの方法(3種類)

ご覧いただいたように、眉毛の白髪染めには様々な注意点があります。ただ逆にこれらの問題点をクリアすれば、綺麗に白髪を隠すことが可能です。

さらに一度塗ると長期間生え代わりにくい性質から、当分の間塗り直しが不要である特徴も。では次に、眉毛白髪染めの種類をその特徴と共に見てみましょう。

眉毛白髪染めの方法(3種類)
眉毛白髪染めの種類 特徴
クリームタイプ
(混合タイプ含む)
安価な製品の場合には、安全性が危惧される
同時に成分が強すぎる場合、眉毛付近全体が荒れる
ただ高性能な製品の場合、最も塗り易い
(目に入らない配慮が必須)
マスカラタイプ ピンポイントで即座に塗れるため、最も簡単
また白髪だけに塗りやすいため、比較的安全
ただこちらも目に入らないよう、注意した使用が求められる
ヘナタイプ
(インディゴ含有)
自然成分のため、最も安全性が高い
ただ染料に非常に時間がかかるため、個人的にはあまりお勧めしない
同時にインディゴ含有タイプでない場合、白髪自体が赤く浮いてしまうため注意
このようにそれぞれの眉毛白髪染めには、メリットとデメリットがあります。ヘナタイプならば『皮膚を傷めづらいが、染色に時間がかかる』など、その製品ごとに注意点が存在します。

さらにヘナタイプに関しては、ヘナだけでなくインディゴを含有した『一度塗りタイプ』がお勧めです。何故ならヘナ単独で白髪を染めた場合、白髪が赤く発色するためです。

そのため本記事でご紹介する眉毛白髪染めに適したヘナタイプの商品は、インディゴを含有したタイプです。本来の白髪染めの場合には二度塗りが前提ですが、ご紹介する製品ならば一度で染め上げられます。

また『クリームタイプ』と『マスカラタイプ』に関しては、より安全な製品を選ぶことで、その弱点を補えます。塗り易く短時間で染められる、理想の眉毛白髪染めができるでしょう。

しかしその場合にも、絶対に眉毛に染料が入らない配慮が必要です。いかに安全性が高いと言えども、目に入ることは必ず避けるようにしましょう。

スポンサー様



眉毛白髪染めのコツ

ちなみに眉毛に染料を塗る場合は、以下の方法がお勧めです。こちらは根元までしっかり塗布し、色むらを出さない塗り方です。

非常に簡単な図ではありますが、最も大切なのは『目に決して入れない』こと。同時に根元までしっかり塗り、『全体的に自然な色合いを保つこと』でしょう。

眉毛白髪染めのコツ
眉毛白髪染めのコツ

  1. 粘度の高い染料を使う
  2. 目尻から目元に向けて塗る
  3. 毛に逆らうように塗る(根元に塗るため)

まずここまでは、眉毛白髪染の特徴をご紹介させていただきました。ではここからは、本当にお勧めできる眉毛白髪染め製品をご紹介します。

これらの商品は安全性が高い・塗りやすい特徴を持っていますが、目には絶対に入らないようにご配慮ください。皆様のお気に召す商品があれば幸いです。

おすすめマスカラタイプ 加美乃素 カラー デ リタッチ

加美乃素 カラー デ リタッチ

出典:https://www.amazon.co.jp

染める力 ★★★☆☆(コンシーラーに近い)
使い易さ・塗り易さ ★★★★★(吸乾タイプ・サラサラタイプ)
安全性 ★★★☆☆
評価数(AMAZON様) ★★★★☆ 3.7/5.0 【5カスタマー】
ピンポイントで、最高に塗りやすい。

マスカラタイプの白髪染めで、本来頭髪の生え際への塗布を目的としたこちらの商品。『加美乃素 カラー デ リタッチ』ならば、より効果的に眉毛の白髪だけに塗布できます。

その特徴は通常のマスカラと同じく液状を縁でこすって減らし、白髪になった眉毛部分に塗布するだけ。即座に乾燥して、通常の眉毛との色彩の差異を減らします。

また性質は少しコンシーラーに近く、急いで白髪を隠すために使用されます。ただ本製品は繰り返し塗ることで、黒髪に近づけられるとの謳い文句も。

ただ実際の染める力はそこまで高くなく、眉毛の根本的な白髪染めとは少し異なります。ただ非常に使い易い製品のため、ご紹介させて頂きました。

高評価の口コミ

  • 液状ですがマスカラタイプのため、しっかりしごけば飛び散りがありません
  • かなり細かな細部まで塗れます
  • 生え際などに非常に塗り易く、重宝しています
  • すぐに乾くので、しっかり隠れます

情報参照:各種販売元・商品説明サイト等
※効果・実感には個人差があります

低評価の口コミ

  • 手に付くとかなり落ちにくいです
  • 毛髪などの広範囲の場所には、塗りにくいです
  • 染料効果はそこまで高くありません

情報参照:各種販売元・商品説明サイト等
※効果・実感には個人差があります

加美乃素 カラー デ リタッチ

出典:https://www.amazon.co.jp

さらに使用後は洗い流しも不要のため、染める時間は約2分程度で完了します。そのためお出かけの際などに使い易く、持ち運びできる点も人気の秘密。

また材質は少し液状っぽいため、使用時にはしっかりと水分をそぎ落とす必要があります。カバー性能・染色力が高い分、手などに付いたら落ちにくいのが難点かも知れません。

ただそれでいてマスカラタイプのため、眉毛への塗り易さは群を抜いています。そのため目などにも入りにくく、総合的な安全性も高い製品です。

また含有成分にはカゴメエキス(昆布エキス)も含まれ、自然な色合いを目指せます。ちょっとした白髪をピンポイントで隠すには、お勧めの商品と言えるでしょう。

価格 1.200円
原材料 水、エタノール、ベンジルアルコール、乳酸、ポリクオタニウム-55、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ガゴメエキス、BG、DPG、PPG-4セテス-20、黒401、紫401、橙205
色合い/特徴 ブラック/マスカラタイプ
注意点 別途商品サイトの使用上の注意をご参照のこと。
使用上の注意も併せて、必ずご確認ください:商品販売サイトAmazonで見る
スポンサー様



おすすめヘナタイプ ヘナ物語 ダークブラウン Aランク+インディゴ

ヘナ物語 ダークブラウン Aランク+インディゴ

出典:https://item.rakuten.co.jp/

染める力 ★★★★☆(60分以上の放置が推奨)
使い易さ・塗り易さ ★★★☆☆
安全性 ★★★★★(全成分自然由来・最高Aランクヘナ)
評価数(AMAZON様) ★★★★☆ 4.2/5.0 【25カスタマー】
より安全に、しっかり染める。

頭皮や肌にダメージを与えず、綺麗に白髪を染められる。古くから愛されるヘナにインディゴを加えたのが、こちらの『ヘナ物語 ダークブラウン Aランク』です。

その特徴はヘナとインディゴで二回染めなければならないところを、一度染めで終わらせられる点。さらに高品質なヘナを使い、しっかり根元から染め上げられる点です。

さらに自然成分のため安全性も極めて高く、皮膚や目などに混入しても危険性が低いと言われるこちらの製品。眉毛の白髪染めとしても、より安全に使用できる逸品です。(勿論目の混入時には、医師のご診断をお仰ぎください)

ただ自然成分ゆえに放置時間が非常に長い点が、最大の難点と言えるでしょう。中には『眉毛だけで、一時間以上待ちたくない!』と仰る方もいらっしゃるのでは。

高評価の口コミ

  • 香りもきつ過ぎず、ヘナ製品の中で最も染まりやすかったです
  • ダマになりにくく、非常に塗りやすいです(※頭髪に関する口コミ)
  • 忙しい人向きではありませんが、皮膚を傷めず染められるのでお勧めです
  • インディゴ含有のため一度染めでOK、非常に使い易いです

情報参照:各種販売元・商品説明サイト等
※効果・実感には個人差があります

低評価の口コミ

  • ダークブラウンとありますが、ほぼ黒色です
  • 毎回二時間近く放置が必要です
  • 放置時間が短かったのか、思ったよりも染まりませんでした

情報参照:各種販売元・商品説明サイト等
※効果・実感には個人差があります

ヘナ物語 ダークブラウン Aランク+インディゴ

出典:https://item.rakuten.co.jp/

ただその点に関しても、頭髪の白髪染めと同時に行うことで回避できます。前述のように眉毛の育成時間は非常に長く、多くの場合は頭髪が先に伸びてしまいます。

そのため頭髪の白髪染めのタイミングで眉毛に塗布すれば、眉毛の白髪染めだけに時間を割く必要はありません。自然成分のため重ね塗りにも強く、繰り返しの使用でも比較的安全だと考えられます。

頭皮を痛めないために多くの美容院で選ばれるヘナですが、やはりその最大の問題は染色力と色加減です。インディゴを含有していない場合、ヘナだけでは赤く発色してしまいます。

その点本製品ならば美しい黒髪まで、より安全に頭髪・眉毛の白髪染めが完了できます。ただ使用前はパッチテストを実施するなど、使用上の注意には必ずお目通しください。

価格 1.053円
原材料 インド藍・ヘナ・シカカイ・ブラーミ・アムラ・アメリカタカサブロウ・フェニュグリーク・ニーム
色合い/特徴 ダークブラウン/最高品質Aランクのヘナと厳選したハーブの植物100%
注意点 別途商品サイトの使用上の注意をご参照のこと。
使用上の注意も併せて、必ずご確認ください:商品販売サイトAmazonで見る

おすすめクリームタイプ 髪萌(はつもえ)カラーアップ

おすすめクリームタイプ 髪萌(はつもえ)カラーアップ

出典:https://hatsu-moe.com/

染める力 ★★★★★(5~10分放置+シャワー)
使い易さ・塗り易さ ★★★★
安全性 ★★★★(全成分自然由来・完全無添加)
評価数(AMAZON様) ★★★★★★☆ 6.2/7.0 【9カスタマー】※@コスメ様
92%の満足感と、短時間の染色力。

分かり易いデータと共に高い人気を誇るのが、プロアクティブ社が提案する白髪染め『髪萌(はつもえ)カラーアップ』。これは僅か10分で部分的にも染められる、12種類の植物由来成分+三種の美髪成分オイル配合を含有したクリームタイプの白髪染めです。

その魅力は非常に分かり易く、『即座に染まる』『頭皮にも非常に安心』『使いたい分だけ』『髪が非常に潤う』この4点。特に含有成分がもたらすトリートメント効果は、まるでリンスのような手触りを演出します。

本来白髪染めをすると髪もギシギシになり易く、同時に頭皮がかぶれてしまう方も少なくありません。その点この白髪染めは、むしろ頭皮ケアに有効な成分を含有します。

おすすめクリームタイプ 髪萌(はつもえ)カラーアップ

出典:https://hatsu-moe.com/

その成分は地肌ケアに有効な植物成分7種類と、髪の艶やかさを生み出す5つのハーブ成分。計12種類の植物成分を主体とし、白髪染めながら高い安全性を誇ります。

通常頭皮に優しい成分を含むと、染める力は反比例的に低下します。逆に染める力を求めると、どうしても頭皮にダメージを与えやすい配合になりやすいもの。

そのこの髪萌(はつもえ)は独自のラッピング加工(コーティング技術)を併用し、より高い染色性能を併せ持ちます。そのため短期間でもしっかり染まり、その評価は口コミにも散見されます。

高評価の口コミ

  • 香りも良し、10分程度でしっかり染まり、混ぜる必要がありません
  • 使いたい分だけチューブで使えるため、本当に簡単です
  • たった一回ですがしっかり染まり、床やおでこに付いた分も綺麗に洗い落とせました
  • 今まで使用した中で、一番しっかりと染まりました
  • 低刺激で、早いうちから白髪染めが必要な方にはお勧めです
  • 情報参照:各種販売元・商品説明サイト等
    ※効果・実感には個人差があります

低評価の口コミ

  • 非常に使い易いですが、色持ちはそこまで良くありません
  • 素手で使用すると色が落ちにくく、排水溝が少しぬめります

情報参照:各種販売元・商品説明サイト等
※効果・実感には個人差があります

おすすめクリームタイプ 髪萌(はつもえ)カラーアップ

出典:https://hatsu-moe.com/

さらにその染色力を持ちながら、手についても洗い流せる点も魅力の一つ。つまり短時間であれば指にも付けられ、眉毛の白髪染めにも迅速に対応できます。

もちろんいかに安全と言えど、可能な限り白髪だけに塗布すべきべきでしょう。その点クリームタイプで粘度も高く、比較的簡単に眉毛の白髪染めが可能です。

さらに眉毛白髪染めに最も必要な、『使いたい分だけ取り出せる』点。この点もチューブタイプで混ぜる必要がなく、安価で効率的なケアができるのではないでしょうか。

口コミだけでなく個人的にもお勧めしたい、頭髪と眉毛の白髪染めを両立しやすいこちらの製品。染力を維持するトリートメントとの併用で、さらに高い持続力を与えてくれる逸品です。

価格 2.200円(※公式では30日間返金保証)
原材料 自然成分12種を含む、複合成分配合:詳しくは公式HP末尾参照(➡こちら
色合い/特徴 ナチュラルブラウン/12種類の植物由来成分+三種の美髪成分オイル配合
注意点 別途商品サイトの使用上の注意をご参照のこと。
使用上の注意も併せて、必ずご確認ください:商品販売サイトAmazonで見る
スポンサー様



いつまでも美しい印象を。

頭皮よりも目線が生きやすい、眉毛の白髪。たった一本あるだけで、会話時の印象は大きく変わります。

ただ一度綺麗に染めてしまえば、長期間染めなくて良いというメリットも。是非この機会に、白髪染めをご検討ください。

この記事が、皆様の素晴らしい生活のお役に立てれば幸いです。眉毛を安全に白髪染めし、いつまでも若々しい人生をご満喫になられますよう。