絶対にバレたくない。

初めて付けると非常に失敗しやすい、ファンデーションの色選び。ぴったりだと思っていても、思わぬ色浮きに戸惑います。

明るすぎたり暗すぎたり、最適なカラーに出会うのは難しい。そんなご自身の顔色にフィットするファンデーションとは、どのように選べば良いでしょうか。

ここでは、バレないメンズファンデーションの選び方をご紹介します。また初めての方でも失敗しにくいよう、図解で詳細にご説明させていただきます。

スポンサー様



失敗しないメンズファンデーションの選び方とは?

失敗しないメンズファンデーションの選び方とは?
最も自然な顔色を。

過労や疲れで顔が荒れてしまい、ニキビ跡や目の下のクマ等を隠したい。しかし私達男性にとって、ファンデーションを塗っていると気付かれることは極力避けたいものです。

では出来るだけバレない、男性のファンデーション選びに重要なポイントとは何でしょうか。まずはファンデーションの色を選ぶに当たり、以下の点が重要です。

超自然に仕上げるならミネラルパウダー!
メンズファンデーション選びのポイント

  • 白浮き防止のため、男性特有の肌色を選ぶ
  • ベースが重要であり、保湿が前提
  • 最も重要な、製品と肌色の比較
  • 超自然に仕上げるなら、ミネラルパウダー
メンズファンデーションを選択する上で、最も重要なこれら4つのポイント。それぞれが重要な意味を持ち、一つの要素が欠けても気付かれる要素になります。

ただこれだけでは、少し分かりにくいのではないでしょうか。ではここから、それぞれの要素を、一つづつ詳しくご説明させていただきます。

男性特有の肌の色を選ぶ

では最初は、男性特有の肌色についてご説明します。まず市販のファンデーションには、大きく分けて以下の色彩が存在します。

市販されているファンデーションは、このように色合いが細かく分類されています。つまり女性の方は、この中からご自身に合った色合いを選ぶのです。

ファンデーションの種類
赤み色の強い『ピンク系』、自然の肌色に近い『オークル系』、少し黄色が入った『ベージュ系』。これらは日本人の肌色に合わせやすく、多くの製品がこれらの色をベースに作成しています。

また化粧品メーカーが独自に販売するファンデーションの場合、固有のカラー名が付けられる場合もあります。そのためどの色がどの明度か、まずは個別に作られた色彩表を確認する必要があります。

特に細かなカラーリングを使い分ける女性用ファンデの場合、その種類は非常に多岐に渡るでしょう。そのため男性の方が女性向けのファンデーションを使用する場合は、必ず地肌とのチェックが必要です。

さらに女性向けファンデーションの場合、ラメ入りやピンク系色彩もあります。それらは男性の肌色と特性が異なるため、白浮き(首とのカラーの差)する可能性が高くなるでしょう。

特に男性の場合は通販で購入する場合も多く、どのカラーが自分に合っているか確認しづらい時があります。店舗で女性店員様に見てもらうのが一番ですが、私を始めとして多くの方は難しいのではないでしょうか。

そのためまずは、以下の種類に絞ってご検討されるのはいかがでしょうか。
男性の肌色に合わせたファンデーションの選び方
これらはあくまで一般例ですが、基本的に『オークル系』『ベージュ系』の色を選ぶと失敗が少なくなります。また色白の方やハーフの方の場合は『ピンク系』も相性が良いのですが、時に製品のカラーがきつい場合があります。

男性向けのファンデーションの場合はピンク系自体が少ないのですが、問題は女性向けを使用される場合です。その場合には女性特有のラメ仕様や艶やかさを追加するタイプかどうかも、合わせてご確認ください。

もし女性用タイプを使用する場合、ラメ入り・光沢入りは高確率でバレます。理由としては男性の素肌は本来、女性よりキメが粗い場合が多いためです。(普段からスキンケアを念入りにされている場合を除く)

さらに色合いを選ぶ場合には、以下の要素にもご配慮いただければ尚GOODです。

メンズファンデーション選びのコツ

  • 濃いめの色合いは、製品により汗でムラが出やすい(バレやすい)
  • 濃いめの色合いは、乾燥割れも目立ちやすい(バレやすい)
  • 透明感を演出する場合には、明るめの色合いが有効(同時に明るい印象も得られる)
これらは実際に試用してみるとご実感いただける要素ですが、濃い目の色合いはかなり『諸刃の刃』です。高いカバー性能を持つ代わりに、環境(温度)や首色との差による色浮きが目立ちやすくなります。

ただやはり濃い色の方がカバー力が高いのも事実ですので、用途に合わせてお選びください。地肌より格段に濃い色合いの場合、ドーランのような雰囲気がかなり目立ちます。

そのため濃い目のファンデーションを使用するにするにしても、一段階上の濃さまでに留めるべきでしょう。また最初にインターネットでご購入される場合は、少し薄めの製品からお試しいただくと失敗は減ります。(買い直しの危険はつねにありますが)

カバー力と明るさの要素

アトピー・敏感肌の方の場合

さらにアトピー・敏感肌の方の場合、首の色素沈着にお悩みの場合もあると存じます。その際に明るめの色合いを使用すると、白浮き(首とのカラーの差)する可能性もありますのでご配慮ください。

色合いは少し明るめの方がナチュラルさを演出しやすいですが、全体のコントラストが重要です。また色合いだけでなく、成分的にも安全な製品をお選びください。

特に荒れやすい・ニキビ肌の場合には、リキッドタイプではなくミネラルファンデーション(パウダー系)がお勧です。この点に関しては後述させていただきますので、是非ご覧ください。

スポンサー様



ベースが重要であり、保湿が前提

そして次に、製品とご自身の肌色を比較する際の注意点です。こちらは端的に言えば、『製品の写真はかなりお肌ケアされた前提』だということです。

まずは、以下の製品に掲載されている写真をご覧ください。

まず市販されているファンデーションには、上記のような見本カラーが付属しています。そしてこれら見本は、製品使用時のイメージを持たせてくれる非常に大切な情報です。

私たちはこの見本を見ることで自分の理想色と比較し、購入を検討できるでしょう。ただこの見本を見て購入を検討する場合、注意すべき点があります。

それは、お肌のコンディション。これらの写真モデル様は通常、ベストのお肌コンディションで撮影に挑みます。

保湿状態も整っており、多くの場合は肌自体のハリと艶も整っている方が選ばれます。つまり見本のカラーと実際の塗布後の色合いには、大きな差が生まれやすいということ。

ただこれは決して、ご自身の肌年齢やハリや艶の差を痛感することではありません。お伝えしたいのは、保湿とスキンケアを徹底し、見本カラーに近づく努力が必要になります。

そうしなければ、顔の上でファンデーションだけが浮く状況になります。(割れやすく色むらができる)つまりファンデーションは決して万能ではなく、ベースである顔の保湿・健康状態に大きく左右されるということです。

見本通りの色になるには

そのため製品の明るいカラーリングを引き出すには、適切なスキンケアも欠かせません。特に塗りタイプ(クリームタイプ)のファンデーションの場合、女性でも体調によって大きくムラが現れます。

特に食生活が偏っている時にファンデーションを塗布すると、想像以上に色が浮き上がります。お肌への定着も悪く、時に少しの運動でも肌の色にムラが現れやすくなるでしょう。

そのためメンズファンデーションの色選びには、高保湿のスキンケアの並行を推奨します。決してバレることが許されないメンズファンデーションでは、意外と重要な要素と言えるでしょう。

最も重要な、製品と肌色の比較

そして次に、製品の色と肌色の比較も欠かせません。前述の『オークル系』『ベージュ系』から色合いを選んだ次は、実際の比較が必要です。

もちろん肌色によってピンク系を選ばれる方も、いらっしゃると存じます。ここで大切なのは、どのカラーを選択しても、実際の比較は欠かせないということです。

そしてこれは特に、メンズファンデーションにおいて重要です。何故なら私を含む多くの男性は、店頭ではなくインターネット上でご購入を検討されるためです。

実際にテスターを使える店頭と異なり、ネットでは実際の色の比較が難しくなります。そのためどうしても『思った通りの色ではなかった!』と、失敗してしまうケースがあるでしょう。

ネットでのファンデーション購入の問題点
ではこの問題点を、私たちはどのように回避すればよいでしょうか。ここで製品とご自身の色をより正確に比較するには、以下の点が重要になります。
ネットでのメンズファンデーションの選び方
ネットでのメンズファンデーションの選び方

  • より現実に近い、塗布色を参考にする
  • 顔だけでなく、首元の色とも比較する
  • 実際の写真を隣において比較する

ではこれらの点を、それぞれ詳しくご説明します。それぞれが非常に重要な項目ですので、是非ご一読ください。

塗布色の見本を参考にする

まず最初は、実際の色により近い塗布色の見本を参考にすることです。これは実際に塗ってみると大幅に違った!という問題を、回避するための項目です。

まず見本写真には『塗布後の写真』『塗布後のイメージ』『液状の製品イメージ』など、種類が多数あります。そして各見本の種類によって、実際の色との違いが明確に分かれます。

実際の色合いを比較するための見本一覧

そしてこの中で本当に参考になるのは、『塗布後の色イメージ』と『塗布後の実際写真』のみ。その他は実際に塗布すると薄く伸びるため、色合いが大きく変化します。

そのためメンズファンデーション選びで参考にするなら、右の二つが掲載されている製品をご検討いただくと安全です。より安全に色合いを比較でき、塗布後にバレる危険もぐっと減ります。

顔だけでなく、首元の色とも比較する

さらに前述の『塗布後の色イメージ』と『塗布後の実際写真』は、顔色と首元の両方で比較してください。実際に塗布した後に色の差が気になるのは、顔だけでなく首元も同様です。

そのため商品のカラーを比較する際は、顔と同時に首元も比較しましょう。特にアトピーなどで首元の色合いが異なる方の場合には、全体のバランスから色合いを選ばれると良いでしょう。

実際の写真を隣に置いて比較する

そして比較を行う際は、実際の写真と商品写真(塗布後の写真イメージ)を並べてご確認ください。その時のご自身の写真は、昼間の室内で取られた平均的な明るさの写真が良いでしょう。

ご自身の肌色と商品のカラーをより正しく比較でき、実際の肌色と製品色が大きく乖離することが激減します。少し面倒くさい作業ですが非常に効果的ですので、是非お試しください。

実際の写真を隣に置いて比較する

このように、バレないメンズファンデーション選びには様々なコツがあります。少しご面倒ではありますが、これらを確認するとよりバレにくいファンデーションに出会えるでしょう。

そして最後にお勧めしたいのが、ファンデーションのタイプ選びです。単刀直入に申し上げると、メンズファンデーションにはパウダータイプが最もお勧めだと断言します。

スポンサー様



超自然に仕上げるならミネラルパウダー!

超自然に仕上げるならミネラルパウダー!
圧倒的な、ナチュラル感。

クリーム・リキッド・マッドタイプ等、ファンデーションには様々な種類があります。そして全てのファンデーションに危惧されるのが、『塗りムラ』と『ひび割れ』です。

これらは多くのメンズファンデーションの中でも、非常に厄介な現象です。主に肌の乾燥・保湿不足、そしてファンデーション自体の乾燥・剥がれ落ち・溶解により引き起こされます。

これらの現象が起きた場合、メンズファンデーションは高確率でバレます。特に夏場の溶解に関しては手や服に付着し、相当に焦ります。

実際に溶解・色ムラが発生した マッドタイプのメンズファンデ
そしてこの問題の多くは、ファンデーション自体が液状であることにより引き起こされます。皮脂・顔の温度・周囲の気温に反応し、時間と共に次第に流れ落ちやすくなります。

勿論お手洗いなどで治せれば良いのですが、逆に短時間でツルツルになって戻ってくると不信感にも繋がります。そのため長時間溶けにくいタイプが、メンズファンデーションには必須と言えるでしょう。

そこでお勧めしたいのは、ミネラルタイプのファンデーションです。こちらは長時間の使用にも崩れにくく、同時にニキビ等のケアにも最適です。

メンズファンデーションとしても使い易く、圧倒的に自然である(境界線が目立たない)点が挙げられます。例えるなら、全体的に超微粒の粉末で覆うため、ポイントだけに塗り込むイメージはありません。

また顔色を全体的にトーンアップするため、色が選びやすい点も特徴です。ピンポイントに塗布してもニキビをしっかり隠し、リキッドタイプのファンデーション等と比較して色ムラや白浮きが起きにくい性質を持ちます。

個人的にも以下の商品が大変お勧めですので、是非公式HP等でその魅力をご確認ください。また当サイトでも以下の記事でその魅力をご紹介しておりますので、お時間のある際にでもご参照いただけますと幸いです。

薬用コンシーラー アクネプロテクター

出典:https://www.amazon.co.jp

~ 実際の使用感や口コミはこちらから! ~

美しい肌で、毎日楽しく。

ニキビ跡やクマが気になると、どうしても心は沈みます。そんな時は女性の方々と同じように、ファンデーションで隠すことも一つの選択肢です。

男性のファンデーションは、決して悪いことではありません。むしろ日々の生活を照らす、大変役立つアイテムです。

是非ご自身に合ったファンデーションで、より素晴らしい生活をお過ごしください。この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

酷いニキビを短期間で治すには?
皮膚科の治療を、セルフで行う選択肢もあります。
ニキビ跡を2カ月で劇的改善した全記録!

メンズニキビ跡を2カ月で劇的に改善した実際の全工程(非推奨)

酷いニキビ跡を2カ月で劇的改善した全工程(保存版)